アクセスカウンター
プロフィール

melma

Author:melma
茨城→京都→沖縄というわけで、今年から沖縄に住んでいます。
っていうか学生じゃなくなってしまいましたorz
中々長期間旅に出るということが難しくなってしまいましたが、これからも愛車DJEBEL250XCと共に歩んでいきたいと思っています。
日本一周をしたのがもう3年以上も前になり、このブログ自体も7年ぐらいといつのまにやら時が過ぎて行っていますが、今後ともよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 バイクブログへ

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
現在のOKA
過去ログ

2012年 08月 【4件】
2012年 04月 【9件】
2011年 06月 【1件】
2009年 10月 【3件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【2件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【6件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【5件】
2008年 07月 【2件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【12件】
2008年 01月 【8件】
2007年 12月 【11件】
2007年 11月 【16件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【23件】
2007年 08月 【47件】
2007年 07月 【21件】
2007年 06月 【24件】
2007年 05月 【24件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【19件】
2007年 01月 【23件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【21件】
2006年 09月 【22件】
2006年 08月 【25件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【18件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【12件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【24件】
2006年 01月 【25件】
2005年 12月 【21件】

カテゴリー
最近のコメント
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チタンクッカーで炊飯

11 24, 2008 | キャンプ関係

0 Comments
クッカーでチタンが素材となっているものは、その軽さ・耐久性が非常に優れています。
ただ、問題点としてはアルミやステンレスと比べると熱伝導性が悪く、
一部が高温になるために飯が炊きにくいということです。

ラーメンでもパスタでもなんでも食べる自分ですが、やはり日本人なら米
コストパフォーマンスも高いですしね。
旅する人なら米ぐらい炊けないとってことですw
自分はアルミでなら、これまで何度となく炊いてきましたが、チタンは初体験w

とういわけで、この前かったエバニューのコッフェルでLet's 炊飯!

まずはあらかじめ米を水に浸しておきます。
浸す時間は人それぞれですが、自分は最低でも30分以上は水に浸けます。
水の割合は、自分は米:水=1:2でやってます。

用意するものはこんな感じ
P1040586.jpg
ストーブは本来はとろ火や火力調節が簡単なガスがお奨め。
あとはレトルト食品や缶詰なんかの場合は重石代わりにクッカーの蓋にのせておくと、
熱々ぐらいになるので一挙両得。重石はかならず用意してください。

あとは火を分散することができるバーナーパッド。
チタンの場合は一部のみが高温になることが問題なので、それを防ぐには有効かと。
P1040692.jpg
実際に使ってみるとこんな感じ。
ちなみ輻射熱を気になさる方が多いかと思いますが、炊飯程度の時間では問題ないはず。
ま、一応自己責任でお願いします。

米を水に十分浸したら、火にかます。
このとき最初からバーナーパッドは挟まなくてもいいような?
P1040587.jpg  P1040694.jpg
最初の火力は鍋底全体を炎が包む、中火~強火ぐらいです。
おそらく最初の方は焦げ付く心配がすくないので、ガンガン行っても大丈夫なはず。

そして沸騰してきたら、とりあえず蓋を開けてかき混ぜますw
赤子泣いても(ryは無視w
P1040591.jpg  P1040596.jpg
沸騰がやや落ち着いてきたら、バーナーパッドをひいてあげて、できるだけ弱火にします。

その後はひたすら弱火で炊いていきます。
別に蓋はとっても構わないので、ときおりお米の堅さなんかをチェック。
あとはこのとき匂いをかいで、焦げ臭い匂いがしたらそこで火を止めます。

火を止めた後は、コッフェルをひっくり返してご飯を蒸らします。
蒸らす時間は~10分くらいあれば十分かな?

そして完成!
P1040598.jpg
若干ベチャ飯にはなってしまいましたが、一応は食べられるレベル。
でも自分がアルミクッカーで炊くときはもうちょっとうまくいきます・・・(;´∀`)

そして肝心な焦げ付きは・・・
P1040601.jpg
普通に焦げ付きました(´・ω・`)ショボーン
お焦げレベルであれば、食べてる途中にスプーンで簡単にこそげ落とせるので、
まったく問題はないのですが、こいつの場合は完全に焦げ付いてて、落とすのが一苦労。
っていうかちゃんと洗っても、これ以上落ちません・・・

で、この後悔しかったので日を改めて、やり方もちょこちょこ工夫してみると・・・
P1040749.jpg
また失敗(´;ω;`)ウッ…

うーん、どうやら自分の腕ではチタンでの炊飯は不可能なようです・・・汗
チタンで普通に炊いてる人もいるので、炊飯自体が不可能というわけではないんでしょうが。

このエバニューのコッフェルはラーメンなんか専門として活躍してもらいましょうw
そうなると、123Rがスタッキングできるアルミコッフェルとなるとトレック900かなぁ・・・?

ではノシ

ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 バイクブログへランキング
スポンサーサイト

snow peak ギガパワーストーブ地

11 16, 2008 | キャンプ関係

3 Comments
えー懲りずにストーブネタです。
まぁちょっと前に買ってはいたんですが、うpするのをすっかり忘れてましてw

ストーブは液体燃料(ガソリン、ケロシン、アルコール)とガス式に大きく分けられます。
今回はその中でももっとも扱いが簡単で、コンパクトなガス式です。

買ったのはスノーピークのギガパワーストーブ地です。
1998年に発売だったかな?なんで結構古いモデルです。
P1040671.jpg
チタンのモデルやら着火装置付きのやつやらありますが、自分は一番オーソドックスなやつ。
軽さは求めないし、常にライターは持ち歩くから着火装置はイラネ

やっぱりガス式だからものすごくコンパクトなんですよね~
P1040673.jpg
完全に手のひらサイズです。ちなみに自分の手はでかくありませんw

まぁでももっとコンパクトなストーブとしては、
スノーピーク ギガパワーストーブマイクロマックス(左)あるいはプリムスP-153など。
gs-110a_l.jpg  P153_01.jpg
重量の面などでもこいつらの方が軽いんじゃないかな?

ギガパワーストーブ地のスペックは、
最高出力:25,00 kcal/h
重量:88g
ってな感じで、コンパクトながらも火力は必要にして十分です。
だって123Rよりも全然火力あるしw

セットするとこんな感じになります。
P1040674.jpg
専用のガスカートリッジは高いし、入手できないこともあるので、専らガスボンベ派です。
アルバが出しているTKスタンドってやつを使用。

早速着火して全開
P1040687.jpg
123Rと違って、点火した直後に最大火力にしても普通に安定。
まぁガスだから当たり前なんですが、この感覚は久しぶりw

そしてとろ火
P1040689.jpg
さすがガス。火力調整は自由自在、扱いやすことこのうえないw

地の用途としては、完全にサブです。
123Rが壊れることはないと思いますが、壊れてしまった場合や、雨の日のテント内での
調理などに使っていこうかと思っています。

ガス式はほんと簡単に火がつき、火力調整も思うままにできて便利です。
でもあの123Rのじゃじゃ馬なとこも捨てがたいんですよねぇ(*´∀`)

ではノシ

ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 バイクブログへランキング

続・123Rのスタッキング

11 08, 2008 | キャンプ関係

0 Comments
昨日の123Rのスタッキングについての記事の続編です( ゚Д゚)y─┛~~
大多数の方は興味ないと思いますが、ごく一部の人のためにw

昨日の記事に書いたとおり、今日はナムチェバザールにいって、トレック900
エバニュー チタンクッカー深型が収納できるかどうかを試してきました。

まぁ結果は・・・絶対無理w
スノピのHPにあるソロセット極の収納サイズφ130mmってのはきっと間違いじゃないかと。
実際に130mmであればトレック900には収納不可能だと思うんだけどなぁ?
ちなみにエバニュー チタンクッカー深型はトレック1400にぴったりでした。

で、紆余曲折を経て、123Rを使う場合の装備はこんな感じになりました。
P1040636.jpg
チタンクッカー深型+プリムス ライテックトレックケトル&パンのフライパンです。
これ以外にシェラカップとなくてもいいんですが、マグカップを装備する感じです。

ガソリンストーブをスタッキングする場合に問題となるのがガソリンの匂いです。
ストーブをそのままスタッキングした日にはガソリン臭いコッフェルのできあがりです(;´Д`)
洗えば多少は落ちるらしいですが、ガソリンの匂いはないにこしたことはありません。

ってわけで、ダイソーでなにかないかと物色すると、旅行用のチャック付きの透明な小物入れの
ようなやつを発見したので、A5サイズだったかな?を購入。
んで、入れてみるとこれが結構いいサイズw
P1040637.jpg  P1040639.jpg
やや縦方向が長いですが、まぁ正方形のやつなんてなかったし、100円なので大目にw
この状態で数時間入れてみましたが、匂いはほとんど漏れていない感じでした(・∀・)v

で、スタッキングはこういう感じで完成!
P1040641.jpg
この状態だとかなりコンパクトに納まってます。

補足なんですが、プリムスのライテックトレックケトル&パンのフライパンは無加工では
エバニューのチタンクッカー深型にはつきません。
外側のふくらみの部分が邪魔で入らないので、そこを無理矢理切断しますw
P1040613_20081108163320.jpg  P1040621.jpg
無加工だと左のように一回りだけ大きくてフライパンが浮いてしまいます・・・
外側をぶった切ってあげればあら不思議、ジャストサイズwww

一番賢いのは、エバニューチタンクッカー深型のフライパンを単体で買うことです。
エバニューに問い合わせたところ、フライパン単体で3000円ちょっとだそうで(;´∀`)

その他にも代用できそうなフライパンはいっぱいあるんですが、単体で売ってくれなかったり、
シーズンオフで在庫がなかったりで、今回のライテックトレイルケトル&パンになったわけです。
まぁこいつは定価が2500円とコストパフォーマンスが高いのですw

123Rとクッカーとのスタッキングは意外にいろいろなパターンがあるので、
自分のキャンプでの食生活にあったスタッキングパターンを考えてみてはいかがでしょうか?

ではノシ

ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 バイクブログへランキング

123Rのスタッキング

11 07, 2008 | ブログ

0 Comments
タイトルにあるスタッキングってのは、積み重ねるって意味です。
ようはお鍋の大小のやつを、小を大の中にいれてコンパクトに収納しましょうってことですw

キャンプ用の鍋=コッフェル(クッカー)ではスタッキングは当たり前のようにやられてます。
コンパクトになるので、山屋さんなんかでは特に重視されます。

で、SVE 123Rは下のように円柱形をしているわけです。
P1040459_20081103120235.jpg
ってことは、うまいこと123Rが入るコッフェルを探せばコンパクトに収納することができるはず。
コンパクトに収納できれば荷物に余裕ができるしね。

てなわけで、123Rが収納できるコッフェルの代表的なものをラインナップしてみます。
snow peak ソロセット 極 チタン
scs-004t_l.jpg
これは本当に123Rにジャストサイズのクッカーです。
ただ、ジャストサイズすぎるので、123Rとクッカーの擦れを防ぐために布を一枚挟む
ということができないようです。
この小さいポットは123Rよりちょっとだけ大きめに作ってあるので、これだけであれば布を
一枚挟んできれいに123Rにかぶせることができます。
ソロセット焚は安いですが、123Rは収納できないので注意。

snow peak トレック900
scs-008_l.jpg
これはかなり余裕をもって123Rを収納することができます。
やや大きめにつくってあるので、123Rがクッカー内で結構動いてしまう可能性があります。
でも一番安いので、手っ取り早いかとは思いますw

エバニュー チタンクッカー深型 セラミック
CropperCapture[25]
これが123Rを一番効率よく収納できると思います。
布を一枚挟んだ状態で収納すると、まさにジャストサイズ!って感じです。
ちなみに自分はこれを買いました。

実際にエバニューのやつでスタッキングをしてみるとこういう風になります。
P1040633_20081107132744.jpg
布一枚挟んでジャストサイズ!(・∀・)ニヤニヤ
ただ、これでもう終了かというと、そうでもないんでうす。

自分がキャンプする場合の調理スタイルなんですが、米を炊く場合は、

まず米をクッカー内で水につけて放置

水につけて放置している間に、ツマミを料理しつつ晩酌

1時間くらいしてから炊飯開始

という感じになるわけです。
こういう形をとる場合には、エバニューのクッカーだけでは米を水につけている間は
なにも料理ができないということになってしまいます。

そんなわけで、あと一つフライパンもしくはクッカー自体を追加しようかと考えています。
この記事を書いているときに思ったのですが、スノピのトレック900にエバニューの
クッカーがスタッキングできるんじゃぁなかろうかと。

ちなみにトレック900にスノピの極がスタッキングできるのはスノピが公式に認めてます。
っていうわけで、エバニューの深型と極のスペックを比較。
 snow peak 極エバニュー 深型トレック900
収納サイズ収納サイズ:φ105×130㎜ナベ径11cm×深さ9.5cm
フタ径11cm×深さ3cm
ポット/φ120×107㎜
フタ/φ127×39㎜

入るか入らないか、微妙なところです・・・(;´∀`)
明日あたり、ナムチェバザールに行って、実際に入るのかどうかやってみようと思います。

ではノシ

ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 バイクブログへランキング

KING OF STOVE, SVEA 123R

11 03, 2008 | キャンプ関係

1 Comments
この前チラッと触れましたが、誕生日プレゼントとしてもらったのは、その筋では
有名なOPTIMUS 123R SVEAというガソリンストーブなのです。
P1040459_20081103120235.jpg
現在ではOPTIMUSから発売されていますが、元々はマックススイバート社だそうです。
このストーブは、KING OF STOVEとも呼ばれていますw
1900年当初から、1世紀以上に渡って多少の改良はあったものの、根本的な部分は
変えずに発売され続けています。

スペックはこんな感じです。
右側はスノーピークのギガパワーWGストーブのスペックになってます。
 
OPTIMUS 123R SVEA
ギガパワーWGストーブ
使用燃料ホワイトガソリンホワイトガソリン
重量550 g496 g
タンク容量120 cc520 ml
出力1300 kcal2500 kcal
まぁ大昔に作られたストーブですから、スペック上はやはり現代のストーブにはかないません。

ちなみに、上の写真だと風防・ゴトクが付いている状態で、外すとこんな感じ↓
P1040464_20081103120241.jpg
ガソリンストーブでこれよりコンパクトなストーブとなると、もう数えるほどしかありません。
また、この五徳が可動式で、写真では内側に向いていますが、外側にすることも可能。

燃料はメーカー指定はホワイトガソリンになってますが、赤ガスもオッケーらしいですw
赤ガスを使うとよくジェットが詰まるんですが、123Rはセルフクリーニング機構が
標準で装備されています。それがこれ↓
P1040477.jpg  P1040482.jpg
左の写真では、右の写真と比べると真ん中のニップルからクリーニングニードルが出てるのがおわかりでしょうか?
火力調整のネジ(スピンドル)を左にいっぱいに回すとこれが出てきます。
このニードルのおかげで赤ガスを使っても大丈夫ってわけです。

写真で見て分かるとおり、加圧するためのポンプはついておらず、現代的なストーブと
比べると、123Rの構造の単純さがよく分かるのではないかと思います。
構造が単純なので、壊れにくいし、メンテナンスもしやすいので長旅にはもってこいなのです。

ガスストーブをメインで使っておられる方は、火をつけるなんてのは朝飯前ですが、
この加圧をしないタイプのガソリンストーブはそこが結構コツがいるというか、独特。

ガソリンを気化させて燃やすというのが、どのガソリンストーブでも共通なのですが、
加圧を行わないタイプでは、燃料タンクなどを暖めてあげる必要、すなわちプレヒートと呼ばれる作業を行わなければいけないのです。
タンクを暖めると、中の空気が膨張するので、その勢いでガソリンを押し出すってわけです。
まぁ要はめんどくさいわけw

では、以下に123Rの使い方を。
※あくまでも自分なりの使い方です。真似する際は自己責任でドゾ

用意するもの
・123R本体、・ライター、・トイレットペーパーorティッシュ

まずは123Rの風防を外します。
P1040553.jpg  P1040554.jpg
風防は回すようにして上に引き抜いてあげればおっけー。

次に、給油キャップを外して、そこに適当な長さ(5cmとか?)にちぎったトイレットペーパーを
細長くなるような感じにしてあげて突っ込みます。
P1040555.jpg  P1040556.jpg
トイレットペーパーがガソリンを十分に吸ったら、それをバーナーの下の窪みに置きます。
これを燃やしてプレヒートを行うわけですが、プレヒートの方法はこれ以外にも、
・ガソリンをそのままぶっかける(煤がでるのとプレヒート不足になる場合も)。
・アルコールを使う(煤もでないし、アルコールは薬用でもおk)
・メタまたは着火剤を使う(一番スマート。煤もでない)。
などなどあります。
バイクに乗る人であれば、ガソリンを使ったプレヒートが一番手軽でしょう。

次に、風防をかぶせてあげて、火力調整キーを左にいっぱいに回して、
クリーニングニードルを出してあげてガソリンの通り道を掃除。
その後再び右に回してしっかりと締め込む。
P1040580.jpg  P1040582.jpg
そしていざ点火っ!!!
結構な勢いで炎が上がったりする場合があるので注意。さすがにテント内はやばいと思う。
たぶんトイレットペーパーなんかを使った方がプレヒートは長持ちするかと。

トイレットペーパーの火が消えてから、再びライターで点火。
P1040584.jpg
まだまだ内圧が上がりきっていないので、本調子とはならないと思います。
全開ではなく、ちょっと絞った所あたりをキープして、あとは放置しておけば、そのうち火力は
安定してくると思いますw

ちなみに、ガスストーブなんかに比べると音は結構うるさいですw
想像していたよりは静かですが、123Rを消したときには静寂が訪れる、と言えば想像が
つきますかね?

安定してくると火はこんな感じになります。
P1040529.jpg  P1040521.jpg
左が全開、右が一番火力を絞った状態となっています。
思っていたよりは弱火はきく印象ですが、微妙な火力調整は結構難しいと思います。
とろ火なんかを使いたいなら、ドラゴンフライやギガパワーWGストーブを使うべきかと。

以上が123Rの使い方です。
ガスストーブに比べると、火をつけて安定させるまでがめんどくさいです。
自分の場合はプレヒートの作業もなんか儀式みたいで楽しめているからいいんですけどw
最近のストーブでは味わえないこのじゃじゃ馬さがお気に入り(´∀`*)ポッ

このめんどくささえも楽しめる人にはお勧めです。
あと汚くなっても磨けば光るので、完全に盆栽って感じですw

ではノシ

ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 バイクブログへランキング

イーアスつくばに行ってきた

11 01, 2008 | ブログ

3 Comments
今日は昨日だっけかな?オープンしたイーアスつくばに行ってきました。
なんでも北関東最大のショッピングセンターなんだそうな。
ちなみにダイワハウス。Why does it say DaiwHouse?ですw
まぁ自分そういうとこに興味無い人なんですが、今日は訳ありでw

今日はとりあえず午前中に大学で野暮用を済ませてから、土浦にあるナムチェバザールへ。
ナムチェバザールってのは、茨城県内にあるアウトドアショップです。
規模はでかくないんですが、土浦店の品揃えはまずまず。

で、MSRの、ガソリンを注ぐやつをを購入。
P1040483.jpg
値札がなくて、レジに持って行って¥840と言われたときは何かの間違いかと(;゚Д゚)
高いから辞めます、なんて言えるはずもなく購入・・・

で、レジで、
「イーアスつくばあるいは水戸のナムチェバザールにレシートを持って行って、
アンケートに答えると限定のマグカップがもらえますので、是非^^」
と言われました。

タダでもらえるなら地の果てまで行きますww
というわけで、午後はポタリングも兼ねてチャリンコでイーアスへ。

昔はど田舎で、今は田舎のTX研究学園駅向かい側にありましたw
P1040487.jpg
いや、マジででかい。
これだけでかければ北関東最大と言われてもうなずける気がしました。

中は案の定人であふれており、よーし、パパイーアスつくばいっちゃうぞー的なファミリー、
カップルなどなど、殺意を覚えるような空間でしたw
普通に施設内にベンツかなんかのディーラー入ってたりとか。

で、別に他の店舗に興味はないので、ナムチェバザールへと一直線w
P1040485.jpg
さすがに新しいだけあって、雰囲気はかなりよさげな感じ。
でもキャンプ道具の品揃えはかなり悪かった・・・。
アパレルとザックなんかに力を入れている感じで、キャンプ道具目当ての人にとっては微妙。
でもボルドーバーナーが飾ってあったところが中々w

そしてアンケートに答えてお目当ての品をげと(・∀・)ニヤニヤ
P1040542.jpg  P1040541.jpg
ノースフェイスのマグカップで、ダブルウォール構造のやつなので、意外と上等なやつですw
研究室のマグカップに活躍してもらおうと思ってます。

明日はストーブについても書こうかな。

ではノシ

ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 バイクブログへランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。